Kokia 美聲無限 專輯歌詞

婆婆 歌詞




作詞:Kokia
作曲:Kokia

薄れ行く記憶の中で 突然思い出したように
お婆ちゃん 昔よく言ってたみたいに
「今日は泊まって行くよ」と 私に聞いてみたあとに
「隣りの部屋に布団を敷いたから」と言って笑った
何時も私をさすった手の感触 私は覚えてる
いいよ~ 名前を忘れた位 私が覚えてる

「何処か行きたい所はない?」
そう尋ねた私に 空を見ながら言った

「何処もないよ もう何処にも行かないよ」
たくさんいった思い出の場所立ち 私は覚えてる
空を見ながら 探していたんだね
お爺ちゃんの事も

薄れ行く記憶の中で 突然思い出したように
お爺ちゃんはそう言って また空を見上げてた
「お婆ちゃん 逢えたかな?」
「ずっと逢いたかったんだよね」