大塚愛( Ai Otsuka ) 星象儀 專輯歌詞

星象儀(プラネタリウム) 歌詞




夕月夜 顔だす 消えてく 子供の声
遠く遠く この空のどこかに 君はいるんだろう
夏の終わりに2人で抜け出した この公園で見つけた
あの星座 何だか 覚えてる?
会えなくても 記憶をたどって 同じ幸せを見たいんだ
あの香りとともに 花火がぱっと開く
行きたいよ 君のところへ 今すぐ かけだして 行きたいよ
まっ暗で何も 見えない 怖くても大丈夫
数えきれない星空が 今もずっと ここにあるんだよ
泣かないよ 昔 君と見た きれいな空だったから

あの道まで 響く 靴の音が耳に残る
大きな 自分の影を 見つめて 想うのでしょう
ちっとも 変わらないはずなのに せつない気持ちふくらんでく
どんなに想ったって 君は もういない
行きたいよ 君のそばに 小さくても小さくても
1番に 君が好きだよ 強くいられる
願いを 流れ星に そっと 唱えてみたけれど
泣かないよ 届くだろう きれいな空に

会えなくても 記憶をたどって 同じ幸せを見たいんだ
あの香りとともに 花火がぱっと開く
行きたいよ 君のところへ 小さな手をにぎりしめて
泣きたいよ それはそれは きれいなそらだった
願いを 流れ星に そっと唱えてみたけれど
泣きたいよ 届かない想いを この空に...。
----------------------------------
羅馬拼音:
Yuuduki yokao dasu kieteku kodomo no koe

Tooku tooku kono sora no dokoka ni kimi wa irun darou
Natsu no owari ni futari de nukeda*****a kono kouen de mitsuketa
Ano seiza nanda ka oboeteru?
Ae nakutemo kioku wo tadotte onaji shiawase wo mitainda
Ano kaori totomo ni hanabi ga patto hiraku
Ikitai yo kimi no tokoro he ima sugu kakeda*****e ikitai yo
Makkura de nanimo mie nai kowakutemo daijoubu
Kazoe kire nai hoshizora ga ima mo zutto koko ni arun da yo
Naka nai yo mukashi kimi to mita kirei na sora datta kara

Ano michi made hibiku kutsu no oto ga mimi ni nokoru
Ooki na jibun no kage wo mitsumete omou no deshou
Chittomo kawara nai hazu na no ni setsunai kimochi fukurandeku
Donna ni omottatte kimi wa mou inai
Ikitai yo kimi no soba ni chiisakute mo chiisakutemo
Iichiban ni kimi ga suki dayo tsuyoku irareru
Negai wo nagareboshi ni sotto tonaete mita keredo
Naka nai yo todoku darou kirei na sora ni

Ae nakutemo kioku wo tadotte onaji shiawase wo mitain da
Ano kaori totomo ni hanabi ga patto hiraku
Ikitai yo kimi no tokoro he chiisana te wo nigirishimete
Nakitai yo sore wa sore wa kirei na sora datta
Negai wo nagareboshi ni sotto tonaete mitakeredo
Nakitai yo todoka nai omoi wo kono sora ni...



drop. 歌詞




君の隣は とっても 居心地が 良くて
甘くも優しくもあるの
君といる空気が 溶けていく感じが
何とも言えなくて 好きよ

バカなトコが 嫌いで
バカなトコが 好きで
変な感情 愛しくなっていく

君の隣は とっても 居心地が 良くて
ドキドキも 秘密であるの
君のその変なクセも 溶けて同じ色になる
こんな日が ずっと 続くの


Ah...!! LOVE and PEACE!!

君の隣は とっても 居心地が 良くて
甘くも優しくもあるの
君といる空気が 溶けていく感じが
何とも言えなくて 好きよ

涙玉 より深く かみしめて
手を つないで 末永く 歩いてこう

君の隣は とっても 好きよ。