AKB48


AKB48 櫻の木になろう 歌詞




作詞︰秋元康
作曲︰橫健介

春色の空の下を
君は一人で步き始めるんだ
いつか見た夢のように
描いて來た長い道
制服と過ぎた日々を
今日の思い出にしまい迂んで
新しく生まれ變わる
その背中を見守ってる
不安そうに振り向く
君が無理に微笑んだ時
頰に落ちた淚は
大人になるための ピリオド
永遠の櫻の木になろう
そう僕はここから動かないよ
もし君が心の道に迷っても
愛の場所がわかるように立っている

教室の日向の中
クラスメイトと語った未來は
今 君が步き出した
その一步目の先にある
滿開の季節だけを
君は懷かしんでいてはいけない
木枯らしに震えていた
冬を越えて花が笑く
誰もいない校庭
時に一人 掃っておいで
卒業したあの日の
輝いている君に 會えるよ
永遠の櫻の木になろう
スタ一トの目印になるように
花びらのすべてが散っていても
枝が兩手廣げながら待っている

誰もみな 胸に押し花のような
決心をどこかに忘れている
思い出して 櫻が笑く季節に
僕のことを… 一本の木を…
永遠の櫻の木になろう
そう僕はここから動かないよ
もし君が心の道に迷っても
愛の場所がわかるように立っている