IKU


IKU 木の芽風 歌詞




名前呼んで 僕に屆くように
響く聲は 風を起こすから
その手伸ばして つなごう 笑顏になるから
さあ行こう 僕らは 現在(いま)を見つめて
步き始める

「木の芽風」
作詞︰IKU
作曲︰高瀨一矢
歌︰IKU

急ぎ足でたったひとり
空の色さえ氣づかずに
ひたすら步いてた
愛されたい 觸れられてたい
求めるばかりの氣持ちは 日々を曇らせてた
君に出會うその日までは

名前呼んで空に響くように
迷い道もきっとふたりなら
步き出すとき 世界が味方に變わる
朝が來る僕らは風を感じて…


君のために 君のとなりに居るから
花の季節もずっと
その先もずっと
一緒に居たいと願うんだ

名前呼んで 僕に屆くように
響く聲は 風を起こすから 大丈夫
名前呼んで 空に響くように
迷い道も きっとふたりなら
步き出すとき 世界が味方に變わる
朝が來る 僕らは 風を感じて…
つないだ手と手 離さない守りたいんだ
さあ行こう僕らは 現在(いま)を見つめて
步き始める

收錄:ユアウエア
發賣日: 2009/03/25